担当者のための5つのTwitter分析手法を紹介!ツールの選定方法

企業でTwitterアカウントを運営している方は、「フォロワーが増えない!競合はどうやって増やしたのか?」「もっとTwitterをつぶやきを分析したい」など、お悩みがあると思います。そういう方はまず、Twitter分析ツールを導入してみるべきです。なぜならTwitter分析ツールを導入すれば、反応率の高い渡航時間・投稿内容を把握し、手動では困難なクチコミ分析(傾聴)がカンタンにすることができるからです。

また、Twitter分析ツールを導入する際は、自社アカウントだけでなく、競合アカウントの分析も可能なツールにすべきであり、分析対象のアカウントが多ければ、それだけTwitterアカウント運用のノウハウを多く積み上げることができるためです。

本日はユーザーローカルで営業をしている筆者がTwitter分析について解説いたします。

Twitter分析で使用する9つのKPI

では、これからTwitter分析を行う方向けに、Twitterで使用するKPIを紹介します。

4つの基本的なKPI

  1. ①フォロワー数
  2. ②コメント数
  3. ③いいね数
  4. ④RT(リツイート)

①~④については説明は不要でしょうが、多くの方が「フォロワー数」や「いいね」、「RT」を増やすためにTwitterアカウントの運営を行っていることでしょう。これらのKPIはTwitter分析ツールを利用するまでもなく、下記のようにTwitter上で誰でも確認することができます。

Twitterのインサイトで見ることができる3つのKPI

まずは下記の赤い四角をご覧ください。

自分達のTwitterアカウントで、過去の投稿の上記のグラフ部分をクリックすることで、下記の3つのKPIを把握することができます。

  1. ⑤インプレッション
  2. ⑥エンゲージメント(いいね、RT、コメントの総数)
  3. ⑦リンククリック数

これらのKPIは、他の人が参照することはできず、Twitterアカウントの運営者しか把握することができない数値です。

企業が利用する2つのKPI

Twitterの企業アカウントで、より重視されるのは下記の2つのKPIで、これらのKPIはTwitterアカウントでは確認することが困難です。

  1. ⑧リンクをクリックした先のアクション数(購入、登録などのCV)
  2. ⑨キャンペーン参加者

⑧のCV数に関しては、Twitter用の独自のURLを発行して計測したり、WEB解析ツールでCVのリファーラルを見ることで、計測することができます。企業にとってはTwitterはCVを多く獲得できるチャネルとは言い難いですが、それでもゲームやアプリ、WEB漫画などのスマホアプリと関連するサービスを扱う業界ではCVをTwitter上でも多くの獲得できるため、このKPIが重視されております。

⑨のキャンペーン参加者については、手動でキャンペーン参加者のデータを取得したり、分析するのは非常に手間がかかりますが、ソーシャルインサイトのようなTwitter分析ツールを導入することで自動でキャンペーン参加者のデータをダウンロードし、影響力のあるインフルエンサーを特定するなどの分析が可能です。

5つのTwitter分析手法

それではTwitter上で企業に使われるKPIを解説したので、企業アカウントにおいて、Twitter分析で行われる5つの手法について、弊社のソーシャルインサイトでの分析事例をもとに詳しく解説します。

Twitter分析ツール:ソーシャルインサイト

分析手法①競合アカウント分析

競合企業の動向を調べるだけではなく、競合アカウントを分析することで、自社アカウントだけを分析するよいインサイトが多く得られるというメリットがあります。下記の画面をご覧ください。

競合アカウントの動向確認

分析ツールがあれば、上記のように毎日競合アカウントを手動で確認することなく、自動でフォロワー数の推移を毎日確認することができます。

競合アカウントのフォロワー数推移

分析ツールでは、自社アカウントと同様に、曜日別、時間帯別の投稿数などの分析をすることができるのです。

競合アカウントの曜日別の平均投稿数

競合アカウントの時間別の平均投稿数

何からはじめて良いのか?わからないという、Twitterアカウントを始めたばかりの企業も、競合他社の投稿や反応を調べ、参考にすることで、自社アカウント運用で何をすべきかが明確になるのです。

分析手法②RTキャンペーン分析

キャンペーンを実施し、どのくらい反響があったのか?どのくらいRTされているか?などのキャンペーンの効果測定を行う分析手法です。

リツート数・配信数の推移

キャンペーンのキーワードが何件発言され、どのくらいフォロワーに拡散したかを集計する分析です。大手企業が予算をかけて、Twitterキャンペーンを行う場合、効果測定はTwitter分析ツールがないと、精緻にデータ集計をするのは困難です。

また、RTによる拡散は、影響力のあるインフルエンサーがどれだけ、拡散してくれるか?という点はキャンペーンを少しでも多く広めたい企業にとって非常に重要です。自社のサービスやキャンペーンを拡散してくれるインフルエンサーを把握できれば、今後のキャンペーン活動に非常に役に立ちます。

下記はTwitter分析ツールの「ソーシャルインサイト」による拡散経路を分析したものです。

RTを拡散経路を視覚化

こういった分析を行い、インフルエンサーを把握することができれば、自社アカウントがフォロワー数が少ない場合でも、インフルエンサーにRTされれば、キャンペーンなどの反響を大きくすることができるのです。

分析手法③クチコミ分析(傾聴)

特定のキーワードをもとに、クチコミ分析を行うことができます。例えば下記は「タピオカ」というキーワードがどれくらいTwitterで発言されているかの3ヵ月間の推移です。

キーワードのトレンド「タピオカ」

この例をみると、2019年8月をピークに徐々に「タピオカ」が発言されなくなってきていることがわかります。このほうにクチコミ分析を行えばキーワードのトレンドをカンタンにつかむことができます。

タピオカを発言したユーザーはどのようなユーザーがおおいのでしょうか?下記をご覧ください。

発言ユーザーの性別

発言ユーザーの地域

これらの分析結果をみると、「タピオカ」は男性よりも女性に発言する人が多く、地域では関東・東海・近畿が多く、信越・北陸では発言が少なめです。つまり、地域の人口に比例して発言数の割合が構成されており、タピオカは特定地域に偏って人気のあるキーワードではなく、全国で流行っているキーワードであることを裏付けております。

このような発言ユーザーの分析まで行うことで、手軽に簡易的な市場調査を実施し、どのようなユーザーに支持をうけているのか、あるいは課題が何かを?を把握することができるのです。

分析手法④テキストマイニング

キーワードと一緒につぶやかれているキーワード、いわゆる「共起語」をテキストマイニングすることで、そのキーワードのトレンドの変化を把握することができます。下記は「旅行」というキーワードに対して「共起テキストマイニング」を行った結果です。

「旅行」の共起テキストマイニング

このように「旅行」であれば、「ハワイ」や「ベルリン」などの地名が多くつぶやかれたり、あるいは「高い」「貧乏」など、料金に関することともつぶやかれる傾向があります。

こういったトレンドは季節や時代によって変わるものですが、テキストマイニングを定期的に行うことで、トレンドをはっきり掴むことができ、日々の投稿だけでなく、企業の商品企画やマーケティング活動に活かすことができるのです。

海外製のツールでもテキストマイニングを行うことができますが、それらは「英語」をもとにしたツールであり、英語とは異なる日本語の「動詞」や「品詞」の区別が苦手なことが多く、テキストマイニングを行う場合は、日本のツールの方がより正確にテキストマイニングが行われます。

分析手法⑤投稿分析(時間帯)

Twitterはリアルタイム性が強いSNSです。過去の投稿はすぐにタイムラインに埋もれて行きます。そのため投稿する時間によって、反応率(RT/コメント)に大きな差がうまれます。下記の図は投稿時間と曜日を掛け合わせた図になります。

投稿時間と曜日による反応率

Twitter分析ツールによって、どの時間帯に反響があったのか?という分析をカンタンに行うことができるのです。

Twitter分析の成功事例「ピーチジョン」はブランド・コンセプトの刷新前後の効果をTwitter分析で行った!

ピーチジョンは女性ランジェリー製品を扱うブランドですが、2016年3月に新しいブランドコンセプト「Life is Beautiful」を立ち上げました。それまでの世間が描く「ギャルっぽい」「若い人のブランド」というイメージから脱却するのも狙いの一つです。

ピーチジョンのTwitterの運用方針

  • ブランド公式アカウントで”いま”の情報をタイムリーに発信
  • コンシュルジュ(SNSにおけるカスタマーセンター)

ピーチジョンでは、上記のような方針でTwitterアカウントを運用していましたが、新しいコンセプトがCMや広告によって、世間にどれだけイメージが浸透したかを、Social Insightのテキストマイニング機能を利用して、ネガ・ポジ判定を行い、効果を可視化する試みを行いました。

下記のクチコミ分析結果をご覧ください。

「ブランド名 × かわいい、おしゃれ、素敵etc」などの発言数は、ブランドコンセプト刷新後150%増えていることが、Twitter分析によって明確になりました。

このように、Twitterの「クチコミ分析」を詳しく分析することで、施策を検証することができるのです。こ事例については下記記事をご覧ください。

参考記事:ピーチ・ジョン様 コミュニケーションデザインにおいて必須だったSocial Insightの活用

Twitterでフォロワーを増やす最もカンタンな方法はTwitter広告!しかし、気をつけないとデメリットもある!

企業の場合、Twitterのフォロワーを増やす最もカンタンな方法は、Twitter広告を利用することです。予算はかかりますが、フォロワーをすぐに増やすことができ、下記のTwitter公式ページに掲載されている事例では、Twitter広告により10000人のフォロワーを獲得した事例もあります。

参考URL:ツイッターフォロワー数を増やす

しかし、一方でフォロワー獲得キャンペーンを行いすぎるとアカウントとしては意味のない「懸賞専用アカウント」ばかりにフォローされることになりますので、フォロワー獲得キャンペーンと、通常のTwitterアカウント運用の両軸のバランスが非常に重要になるのです。

バズを狙ってフォロワー数を増やす!

予算をかけないのであれば、「バズらせる」ことで、フォロワーを大きく増やすことができますが、そもそも「バズ」は誰もが狙ってできる施策ではなく、どちらかと言うと狙っていない投稿が「予想外にバズった」という結果論であることが多いはずです。

弊社クライアントである英会話の大手企業の担当も、1000RT以上にバズった話を聞きましたが、最初から狙ったTweetではなく、なにげないつぶやきがキッカケでした。

「バズ」は確かにフォロワーを増やすために非常に有効なテクニックですが、誰もが狙ってできるものではなく、またやり方を間違うと炎上するリスクもあるので、フォロワーを増やすための汎用的なコツとは言えない面があります。

そして企業アカウントでバズらせるためには、いわゆる「中の人」がクローズアップされることで有名な、シャープやタニタの公式アカウントがあり、これらの企業の面白い投稿は「バズ」となりネットでよく話題になります。

企業アカウントの「認知度」と中の人の「属人的な投稿」が組み合わさることで、大企業っぽくない投稿のギャップが話題を生み、バズにつながる面があり、これらの投稿は素晴らしく面白いものではありますが、他の企業が汎用的に利用できるかと言えば、かなり難しいでしょう。

そうなると、企業がフォロワー数を「バズ」を使って増やす取り組みとしては「特典キャンペーン」を行い、バズを作るか、あるいは「Twitter広告」でフォロワーを増やしながら、日々のお役立ち情報を地道投稿するのが、最も現実的な方法となるのです。

企業がTwitter分析で悩んでいる3つのこと

以下に企業からよく聞く、Twitter分析についての3つの悩みを解説します。

①分析の手間を削減したい

Twitterアカウントの運用、とくに投稿には多くの手間がかかります。そして、それらの投稿分析や効果測定は手動で行うと、

  • データを取得する手間
  • データを分析する手間
  • レポートにまとめる手間

と多くの手間が発生します。そのために、その労力を削減したいという声は大企業でもよく聞かれます。

②取りたいデータが取れない

大企業では、自社製品やブランドのクチコミが非常に重要な指標となり経営陣も、自社のクチコミには大きな関心を持っております。

そのため、Twitter担当者はTwitterのつぶやきやエゴサーチのデータを収集・分析を行いますが、これらのデータの収集が非常に難しく、特にエゴサーチのデータはダウンロードができないため、経営陣に報告する際に大きな負担となっています。

③効果的なクチコミ分析ができない

経営陣や上司から、SNSを強化するように指示があったが、フォロワーが100人もいない状態から自社アカウントで何から初めてよいのかが、なかなか難しい面があります。

Twitter分析においては事前に①~③のような悩みや課題を整理してから、Twitter分析ツールを探しましょう。もし、①~③の悩みがあるのでしたら、それらの①~③のような悩みや課題もご検討ください。

ソーシャルインサイト公式ページ

Twitter分析ツールを導入するなら「投稿管理」と「キャンペーン管理」ができるものが良い

Twitter分析ツールで、クチコミ分析やキャンペーン分析などを行いますが、予算をかけてツールを導入するのですから、下記の機能もあるものの方が運営が楽になります。

  • 投稿管理
  • キャンペーン管理
  • Twitter以外のSNS分析機能

投稿管理機能

SNS担当者の負担を減らすには、使うツールはなるべく少ない方が効率的です。ですから、Twitter分析ツールに投稿管理機能があると非常に便利です。

ソーシャルインサイトの投稿管理機能

上記は、弊社のソーシャルインサイトの投稿管理機能ですが、投稿画面の日にちに「今日は何の日?」かが表示されております。例えば2月22日は

2月22日の記念日

  • 忍者の日
  • 猫の日
  • スニーカーの日
  • ふふふの日

など、表示されているために、毎日の投稿のネタに苦しむ担当者を助けてくれます。

キャンペーン管理機能

Twitterのキャンペーンで、「抽選」をおこなった場合、たいていは条件をつけるものです。

キャンペーン時の条件

  • アカウントのフォローをしていること
  • RTをしていること

しかし、抽選結果を手作業で分別するのは結構大変な作業です。そのためTwitterキャンペーンを管理するための専用のツールもありますが、弊社のソーシャルインサイトでは、これらの抽選結果をランダムに抽出する機能があるので、キャンペーンの運用の負荷を減らすことができます。

Twitter以外のSNS分析機能

企業のSNS担当者であれば、Twitter以外にも

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • YouTube
  • TikTok
  • mixi

など、企業とSNSの相性にもよりますが、他のSNSアカウントを管理・運営している方が多いはずです。それぞれに専用の分析ツールがありますが、弊社のソーシャルインサイトであれば、Twitter以外にも、Instagram、FacebookなどのSNS分析を行うことができ、一つのツールで、全てのSNS分析を行うことができるのです。

これら機能を実装しているソーシャルインサイトを、Twitter分析ツールをお探しの際は他社ツールとともにご検討ください。

ソーシャルインサイト公式ページ

資料ダウンロード

サイト上に掲載している情報はほんの一部です。
詳細な資料をご希望の方は、項目を入力し、ボタンをクリックしてください。

資料のイメージ

資料の内容

・導入企業
・Social Insightが選ばれる理由
・Social Insightが解決出来る課題
・業務の効率化
・導入後のサポート
・費用 など

  • 弊社担当より製品説明会や勉強会などのご案内の連絡をさせていただくことがあります。
  • ご記入いただいた情報につきましては、カタログ資料の送付や弊社からのご連絡の目的以外に利用することはありません。
必須
必須
必須
必須
ページトップへ戻る